当院の新型コロナウィルスのみの抗原検査について

  今冬は、インフルエンザウィルスと新型コロナウィルスの同時流行が懸念されるため、体調が悪くなったらすぐ会社や学校を休み、自室に閉じこもって、ご家族も含めてなるべく他人に接触しないのがおすすめです(厚生労働省の家庭でのコロナ対策をご参照ください)。

 発熱があり、かなりつらい方は、発熱から24時間以上48時間以内なら、新型コロナウィルスとインフルエンザの抗原検査が同時にできて、インフルエンザなら早く治すための抗ウィルス薬がありますので、こちらをお勧めします。

 以下の条件に当てはまらず、新型コロナウィルスの検査だけを受けられたい方は、当院では唾液によるPCRの検査についてを行っておりますので、こちらを御覧ください)。

 検査を受ける方が他の人に移すこと(院内感染)を防ぐため、次の条件をすべて満たす方だけ完全予約制お受けしております。

1.発症から24時間以上226時間以内の方(身の回りに陽性者がいた、という方はご相談ください)。

   新型コロナウィルスの抗原検査は、発症からの時間が浅いうちに受けると、十分な量のウィルスがなく、検出できません。また、発症9日目を超えると、ウィルスが減ってしまい、検出できなくなります。従って、この時間帯以外の方の検査はお受けしません。

2.10歳以上鼻に綿棒を奥まで入れる検査を怖がったり暴れたりせずに受けられる方。

   検査は、インフルエンザと同じように鼻の奥まで綿棒を入れますが、10秒ほど奥の方にとどめますので、暴れたりすると危険です。

3.当日は検査だけを行い、、薬の処方箋や診断書等を発行しないことに同意している方。

  新型コロナウィルスの検査結果を記載した書面(結果報告書)をお渡ししておりますが、診断書にはなりませんし、個別の事情にお応えしている余裕がないため、診断書はお渡ししません。また、新型コロナウィルスを早く治すための薬はなく、市販の風邪薬(パブロン・ベンザ・ルル等)で症状を和らげながら様子を見るしかないので、薬は処方しません。市販の風邪薬を、できればインターネットでお買い求めください。また、他の病院に紹介状を書くことができるのは、当院に毎月定期的に受診されている、基礎疾患のある方だけに限らせていただきます。それ以外の方は、検査結果が陽性なら保健所から連絡が来ますし、陰性なら、検査後に発行される結果報告書を持参して、かかりつけの先生にまずは電話でご相談ください。

4.検査を受けてから結果が出るまでに最低30分かかることをご理解いただける方

  混雑時には、結果の連絡までにお時間がかかることが予想されます。会社・学校はお休みされていると思いますのでお時間は大丈夫とは思いますが、結果が出るまでに30分はかかることをご了承ください。

5.屋外で検査を行うため、かなり寒い場合があることをご了解いただける方

  トイレも含め、院内には一切入れません。検査結果が出るまでの間、自宅にお帰りいただいたり、車でお待ちいただくのは可能ですが、千葉県環境保全条例によりアイドリング(エンジンのつけっぱなし)は禁止されておりますので、ご留意ください。検査結果と処方箋を受け取りに来るのは、受検者本人でなくてもご家族などでよいので、検査を受けるまでに「結果は家族が取りに来ます」等と、その由をお伝えください。

6.診察代を銀行振込で支払える方

  診察代は、3割負担の方で2,020円(保険点数673点)です。院内感染防止のため、患者様と医療スタッフとの直接の接触は行いませんので、ご理解とご協力をお願いいたします。

7.保険証の原本をお持ちで、(中学生までの方はこども医療証も)と顔写真付き身分証明書(運転免許証など)の写真をメールで送れる方

   なお、検査時に健康保険証(中学生までの方は子ども医療証も)と振込の証明となる書面をご提示いただきます。ご高齢の方などはFAXでも構いませんが、メールやFAXが使える方が身近にいない場合は、当院がかかりつけ(信頼できる保険証やご住所が既に分かっている、当月か前月に受診がある方)でないとお引き受けできません。また、保険証の原本を検査時に提示できない方は、健康保険が使えませんので、16,000円お預かりし、後日、検査の当日に有効な保険証の原本をお示しいただいた際に、2,020円との差額を返金します。

8.検査時に連絡の取れる携帯電話をお持ちの方。

  検査をお受けした場合、メールに連絡の取れる携帯電話の番号を記載していただき、この携帯電話に検査直前になったら医師から電話しますので、検査が終わるまでずっとつなぎっぱなしでお願いします。医師は検査ボックスに入っており、直接の会話は全くできません。

 以上、8点をご理解・ご協力いただける方のみ、当院受付
047-331-0143
に番号通知でおかけください(番号非通知の電話には元々お応えしておりません)。

 お名前・年齢・性別・発症の日時を医師に伝え、検査可能かどうか確認を取ったうえ、当院の携帯電話(070-5557-2745)から折り返しご連絡します。その時に、検査時刻を相談して決めさせていただきます。

 検査可能とお伝えした方は、メールで
1.健康保険証
2.中学生までの方はこども医療証、70歳以上の方は自己負担が1割・2割・3割かの証明書、高額医療の負担区分を示す証明書等、自己負担額が分かるものをお持ちの方はそれも。
3.顔写真付き身分証明書(公的に認められている現住所が分かるもの)
の写真を添付して、
「コロナ抗原検査希望」の題名で、本文には必ず
検査時に連絡の取れる携帯電話の番号
を記載の上、
reception.of.kenjukai@gmail.com
にメールをしてください。

このメールに返信する形で、詳しい検査の受け方や診察代の振込先銀行口座などの説明を送らせていただきます。(このメアドからの着信拒否などは解除してください。)
メールしてから30分経っても当院から返信が来ない場合は、お電話(前述の2つの番号のどちらにでも結構です)ください。
簡単に検査の手順を記しますと、
1.指定の時刻の10分前には、教えていただいた携帯電話に連絡が入れば5分で当院に来れるような場所で待機してください。
2.指定の時刻の約5分前に、当院の入口までお越しください、との連絡を入れます。電話は切らずにつなぎっぱなしでお願いします。
3.お越しになっても院内には入れません。3階のどこにも触れないでください。新京成バスの通るヨーカドー前の通りに面したバルコニーで検査を行いますので、そこに置いてある当院の置き看板を目指して、お越しください。
4.おつらいのに申し訳ございませんが、エレベーターはなるべく使わず、階段でお越しください。お帰りもなるべく階段でお願いします
5.医師は検査ボックスに入っています。検査ボックスの真正面に、医師に対して横向きで、鼻に綿棒を入れられるように、お立ちください。
6.医師が鼻に綿棒を入れて、鼻腔の粘膜を採取します。10cmほど鼻の中に入れて、10秒くらい待ってから、ゆっくり抜きます。
7.検査が済みましたら、いったん当院のある3階から去ってください。
8.検査後30分~40分で、結果をまず携帯電話に連絡しますので、医院入口にお越しください。(院内には入れません。3階のどこにも触れないでください。)
9.結果説明書(診断書にはなりません)と領収証が入った封筒が置いてありますので、お取りください。
10.ご質問等があれば、070-5557-2745の医院の受付の方にお電話ください。医師につなぐ必要があれば、後ほど当院からこの受付の番号で連絡します。