2020のインフルエンザワクチンの接種について

 12月になりましたので、ご希望の方皆様に接種可能です。お一人1回4400円(消費税10%込)ですが、次の方は、違うお値段で接種できます。

1)一人一回1000円で接種できる方。

  松戸市にお住いで(住民票があり)、松戸市の65歳以上の方のインフルエンザワクチンの助成を使って接種される方

2)一人一回3300円(消費税10%込)で接種できる方。

 1.当院に定期的に(ほぼ毎月)通院中の慢性疾患の方とそのご家族(なるべく慢性疾患の方とご一緒にお越しください)。
 2.小児かかりつけ診療料にご同意いただいているお子様とそのご家族(なるべく御子様と一緒にお越しください)。
 3.定期接種(無料のワクチン)を受けられるお子様が同時にインフルエンザワクチンも接種される場合と、同伴のご家族。
 4.今年10月1日以降に、定期接種のワクチンとインフルエンザワクチンを同時に受けられた13歳未満の方が、2回目のインフルエンザワクチンを接種する場合。

 ワクチンの量や小児の場合何回目かにかかわらず、値段は1人1回あたり3300円(消費税10%込)です。

3)一人一回3800円(消費税10%込)で接種できる方。

 A.高校生以上の方は、昨年(2019年)1月4日以降に当院で保険診療を受けられた方とそのご家族の方。
 B.中学生以下の方は、昨年(2019年)1月4日以降に当院で定期接種のワクチン(無料のワクチン)を2日以上に渡り受けられたことのある方

 ワクチンの量や小児の場合何回目かにかかわらず、値段は1人1回あたり3800円(消費税10%込)です。

 12月も終わりになると、ワクチンが手に入らなくなる場合もあります。在庫がなければ接種できませんので、悪しからずご了承ください。
 13歳未満の小児の方で2回接種を希望される場合も、2回目の予約は出来ませんし、当院での2回目の接種を保証することも出来ませんので、お含み置きください。

 いずれにしても、当院では、事前予約やワクチンの確保は承っておりませんので、通常業務を滞りなく行うために、インフルエンザワクチンに関して、65歳以上の方を除き、接種当日のワクチン在庫確認のお電話(接種希望当日に体調の良い方がワクチンの在庫があるかどうか確認するための電話)以外には原則お答えいたしませんから、悪しからずご了承ください。

 当院でワクチン接種をご希望の方は、
発熱・咳・鼻水・下痢などの症状のない体調の良いときに、接種を希望される当日、お電話でワクチンの在庫があることをご確認いただいた上で、当院が指定する時間帯にお越しください。
 上記の1)で当院で慢性疾患で定期的に通院している訳ではない方と、3)の方は、

 月〜木曜日 17時30分から18時30分まで
 金曜・土曜 15時30分から16時30分まで
 日曜・祝日 15時から16時まで

 

 にお越しいただくことになります。

 当院に慢性疾患で定期的に通院中の方や、小児かかりつけ診療料にご同意いただいている方や、定期接種のワクチンを受けられる方は、ご都合の良い時刻を指定して接種が出来ますし、その時に通常の診察を受けていただくことも可能です。

 健康状態に少しでも不安がある方は、予防接種は受けられませんので、絶対にお越しにならないでください。新型コロナウィルスを含め、無症状でも感染している方がいらっしゃり、それをその場で見分ける方法がないので、院内感染の原因となることがあるからです。ウィルスの潜伏期などは、どんな検査をしても見つけられません。

 当日、接種希望者多数の場合は、お受けできないことがあります。
 また、予約を取って保険診療等を受けられる方が優先となりますので、インフルエンザワクチンの接種だけの方は、お待ちいただく場合があります。

 ご自宅で予診票をご記入の上、お持ちくださるのが、効率的です。
 お越しになったら、受付で体温を測定して接種の準備ができるまでお待ちいただきます。

 卵アレルギーのある方、インフルエンザワクチンや消毒薬などで過去に問題の起こった方の接種はお受けしておりません。当院では、現在、阪大微研のワクチン(添付文書)を使用し、消毒用エタノール以外の消毒薬を用意しておりません。

★65歳(接種時の満年齢)以上の方で、松戸市に住民票がある方は、松戸市の助成を使って1000円でワクチンを接種することが出来ます。このインフルエンザのワクチンと同時に帯状疱疹を予防するためのワクチン(水痘ワクチン)を接種されたい場合は、特別価格6930円(消費税込み。通常税込価格は7920円)で承っておりますので、水痘ワクチンとの同時接種もご検討ください。

★来年1月15日まで、松戸市にお住いの次の方には松戸市から1回あたり2000円の助成が受けられます。
1.妊婦さん(1回のみ)
2.生後6カ月から小学校2年生までのお子様(2回まで)

これらの方で、助成金を受けられたい方は、領収証を助成金申請書とともに市に提出することになりますから、領収証は必ず保管してください。再発行はしません。